モビリアについて

モビリアの今日まで

ドクターコスメの先駆者

桜井麟博士は整形美容外科医として、多くの女優やモデルの治療、指導にあたり、その高い評価は海外にまで及び、多くの国際スターや社交界の人々の治療を手がけたことは有名です。これらの多大なる功績が認められ、昭和36年に米国美容整形外科学会の名誉会員に迎えられ、美容整形外科医の第一人者としてのゆるぎない地位を築きあげました。

モビリアのはじまり

1970年に「リンサクライ」スキンケアブランドの生産を開始し、ドクターコスメの先駆者として活躍されました。
のちに、「リンサクライ」のダイレクトセーリング事業として“モビリア化粧品”の製造を開始。
独自の流通ルートがスタートしました。

サクライ美容科学研究所『リンサクライ』スキンケアブランドの生産開始
製造部門を独立。株式会社東洋美容科学研究所を設立。
現、ドクターサクライコスメディックス株式会社となる
桜井博士のドクターコスメ”リンサクライ”のダイレクトセーリング事業として
“モビリア化粧品”の製造販売を開始し、独自の流通ルート販売を開始する
エステティックサロン『サロン・ド・ドクターリン』明治神宮前にオープン
桜井診療所であった場所に新設する。現在はST&C サロン・ド・ドクターリン
製モビリア化粧品の著書「彼女たちはなぜ輝いているのか」発行(初刊)
桜井麟、生誕100周年
株式会社コンフィアンスを設立。ブランド名を『モビリア化粧品』から『モビリア』
に改名。モビリアをはじめリンサクライの販売と輸入製品ドクターミュラド、
オーストラリアン・オーガニックなどの販売を一貫して行う。
デザインおよびパッケージ・リニューアルロゴマークを刷新